俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋シーズンエサを食べすぎ太った鯉

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

地元の庭園の池に丸々太って大きい鯉がいるんです。
多分エサの食いすぎが原因かと思い句にしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

冬近し鯉の背中の丸さ哉

回答者 腹井壮

哲之さん、おはようございます。

本来なら季語である寒鯉を見て詠むところですが時計の針を逆回転させて詠むのもいいと思います。鯉にも食欲の秋があるといいう事なんでしょう。発想の飛ばし方としてこちらも勉強になります。

鯉は水温が低くなると脂肪を蓄えやすく食べるなら冬が旬ですが添削句はその少し手前で肥えきる前を表現したつもりです。
下五が丸い魚にも読めてしまうので切れ字の「かな」をあえて漢字にしました。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

プレゼンの出来はまずまず月冴ゆる

作者名 なおじい 回答数 : 18

投稿日時:

犬骨に成り尚ほ遊ぶ額の花

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

雨に濡れ海棠さらに艷をまし

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋シーズンエサを食べすぎ太った鯉』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ