俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

田水張る社の赤き千木高く

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます。
水田が頭から離れません。

最新の添削

「田水張る社の赤き千木高く」の批評

回答者 こま爺

こんにちは。

この句についてはもう一つの句とは違って、中七下五は明確に実景であるということが伺えます。
この句は上五とそれ以外がそれぞれ一句で二句一章、すなわち取り合わせの句という形式ですね。中七下五と季語とは内容的には何の関係もありませんが、互いに神々しく、息づくという心情を抱かせてくれるといことで響き合っています。

このままでグーとい感想です。
よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山羊と仔山羊にどつき回され春暑し

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

義士の日や誰かの恨み買ひしかも

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

墓石に付かず離れず竹落葉

作者名 04422 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『田水張る社の赤き千木高く』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ