俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

過ぎし日々秋の尻尾が見え隠れ

作者 流れ星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏と秋の間の気候を表現してみました。

最新の添削

「過ぎし日々秋の尻尾が見え隠れ」の批評

回答者 世良日守

おはよう御座います😊
久しぶりにここをのぞいてみました。
コメントにもあるように夏と秋の間、時候の晩夏の、季語があるので、その季語(秋近し、秋を待つ、夜の秋等)は映像を持たない季語なので、残りの措辞は写生句が良いかと。あと尻尾とは何か分かる形が良いと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

孫と劇敬老の日の死人役

作者名 たけたけ 回答数 : 3

投稿日時:

春遅々とぬり絵の線をはみ出せり

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

いつまでも戦を報す夜長かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『過ぎし日々秋の尻尾が見え隠れ』 作者: 流れ星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ