俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

櫨紅葉極まる赤の孤独かな

作者 大浦美津子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

緑色のの木々に囲まれた中に一本だけ真っ赤に染まった櫨の木見えます。一本だけの孤独と櫨は負けるので紅葉の時期は特に人は近づきません。 孤独と詠んでみました。

最新の添削

櫨紅葉極まる恋の孤独かな

回答者 腹井壮

大浦美津子さん、こんにちわ。

原句を読んでまず感じたのは赤は不要だという事です。

櫨紅葉と言えば燃えるような赤をイメージできますので。

それとコメントの内容に理解し難い部分があったので句意をかなり推測した上で「色」を「恋」に替えたことを御承知願いたいと思います。

人に言えない背徳感のある恋のイメージが伝わればいいのですが。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大甕に蓮の花咲く裏の庭

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

浴衣着て手帳につける付箋かな

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

探るやうに見守るやうに夏の蝶

作者名 もんこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『櫨紅葉極まる赤の孤独かな』 作者: 大浦美津子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ