俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

幾百の秋気に触れし欅かな

作者 ねぎみそ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

旅行で小諸市の懐古園を訪れ樹齢500年の欅を見ました。紅葉のシーズンで欅の大木もオレンジになっていました。私が見た欅の紅葉は今年限りですが、この木は戦国時代から毎年その年の秋の冷たさに触れ色付くという事を繰り返して来たのだなぁと思った時の句です。

添削よろしくお願いいたします。

最新の添削

五百年秋気を醸す欅かな

回答者 腹井壮

ねぎみそさん、こんにちわ。

原句とコメントを読んだ感想から申し上げますと、年数や月日の流れに単位が欲しいなと思いました。

それと「秋気に触れる」と欅が受動的になっているのが気になります。

そこでコメントにあったので上五を「五百年」に差し替え、中七は欅が秋の気配の中心にいる事を示す為「秋気を醸す」に変えました。

樹齢の古い木に着眼するのはオーソドックスかもしれませんが、今回のねぎみそさんの目の付け所は良かったと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

デラウェアの粒の光は琥珀色

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

月明り葉擦れの声や夏木立

作者名 博充 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

頬にそっと踏み切り待ちのカイロかな

作者名 感じ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『幾百の秋気に触れし欅かな』 作者: ねぎみそ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ