俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

御猟場の元荒川や鴨の鍋

作者 左太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

越谷で鴨鍋

最新の添削

「御猟場の元荒川や鴨の鍋」の批評

回答者 伊勢史朗

どうもこんにちわ。それにしても江戸幕府は広大な土地を管理していてその恩恵を受けていたのですねぇ。荒川は工事によって流れが二つになったのは存じていました。献上品の川魚もこの辺りで捕れた物だったのかもしれませんが古いほうの荒川にまさか徳川一族の御猟場があったとは。都内にも「目黒の秋刀魚」の舞台であったであろう目黒区「鷹番」、三鷹市は徳川家とその御三家の御猟場だったそうですが。句の内容としては土地の紹介をしているだけですが歴史に思いを馳せ勉強になった作品でした。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「御猟場の元荒川や鴨の鍋」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

はじめまして。
葉月庵郁斗と申します
伊勢様の返句ですかね。
上手いと思います。
素人の句ではないですね。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

画仙紙に筆を打ち込み明易し

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

子どもらのあらそひ止みぬ寒雀

作者名 よした 山月 回答数 : 4

投稿日時:

紅葉狩り足元にくしゃり初冬の音

作者名 泡沫りんし 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『御猟場の元荒川や鴨の鍋』 作者: 左太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ