俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水撥ねて素知らぬ顔のドジョウかな

作者 どぢやう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水のはねる音がしたのでそちらを見ると飼っているドジョウが立った波の下で「自分ではない」と言わんばかりの顔をして佇んでいました。その様子が何だか可愛くて作った句です。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「水撥ねて素知らぬ顔のドジョウかな」の批評

回答者 なおじい

どぢやうさん、こんにちは。初めまして。
私は自分以外の人や物が考えていることを作者が勝手に推測して俳句にすることを個人的に好まないので、このドジョウが素知らぬ顔をしている、というのはどうなのかな、と思わないでもありませんでした。
もしかしたら、「いま跳ねたのは私です。気になりました?スミマセン!」とか思っているかもしれない(笑)。
でも飼っていらっしゃるドジョウとのこと、よくわかっていらっしゃるのですね。
ということで、このままいただきます。
ただ、いるかさんのおっしゃるように、ドジョウは泥鰌とお書きください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

水撥ねて泥鰌毅然と動かざり

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

どぢやうさん、はじめまして

御句、個人的にはできている句だと感じます
陳腐になりやすい擬人化もそこまでアクが強くなくすっと入ってきますし
ただ、やはり擬人化等の比喩を使うにしては少しインパクトがかける感じもするので、実直に描写して詠んでみました
#少しおかしみが減って堅い感じになってしまいましたが、、

あと、理由がなければ特に季語は漢字で表記するのが良いかと思われます

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

川柳の俳句の違い青嵐

作者名 ハオニー 回答数 : 12

投稿日時:

重税を避ける術なし大根煮る

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

この庭は小堀遠州つばめ来る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水撥ねて素知らぬ顔のドジョウかな』 作者: どぢやう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ