俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花吹雪足どり軽き人力車

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

二年坂あたりで外人を乗せ。

最新の添削

「花吹雪足どり軽き人力車」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
浅草や川越が有名でしょうか?私はずっと昔、イタリアだったか、馬車に乗りました。短大の研修旅行でした。町を見渡せて、とても楽しいですよね、でも人でも馬でも乗せる方は、大変ですね、私は人は乗せていませんが、毎日毎日遠い病院まで勤めに行って泣きたいけれど、赤ちゃんの声に癒せれています。でも病院は時間との戦いですね💦私事が過ぎました、すみません💦失礼致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春雨や遠く佇む神の島

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

駄菓子屋のごと小銭放り投げて焼酎

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

雪の朝フロントガラス達磨の絵

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花吹雪足どり軽き人力車』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ