俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

少しずつ食卓彩る春菜かな

作者 香代子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

頂いた山菜を食べててふと、感じたので

最新の添削

「少しずつ食卓彩る春菜かな」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

なおじい様と同じく「少しずつ」が気になりました。これってどういう意味でしょう?
A.春菜の小鉢がいっぱいあって、それぞれが少しずつ食卓を彩っている。
B.少しずつ春菜が増殖しており、少しずつ食卓を侵略して行っている。
C.春菜の色が変化しており、少しずつ食卓の彩りを変えている。
D.その他
まさかBやCはないと思うのですが、Aも何か違う・・・という印象です。

また、「彩る」という動詞に具体的な映像がないのも、この句の受け取り方を悩む理由です。
なんとなく「彩る」と言えばいい感じになりそうだなあ、というイメージはわかるんですけどね。

・食卓に色を添へたる春菜かな
こんな感じでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「少しずつ食卓彩る春菜かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

香代子さん、こんにちは。
御句拝読しました。春菜とは、女性の名前ではないですよね(笑)?いやこれは冗談です、すみません。

さて御句、いい光景だと思うのですが、「少しずつ」が気になりました。
毎日少しずつ彩って、最後には大規模に彩る、という意味ではないですよね。
少しずつとは、少量であって決してガバッとではないということですよね?
そう思いまして、次のように考えてみました。

・控えめに食卓彩る春菜かな
・食卓を彩る春菜つつましく

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白銀の釧路湿原二羽の鶴

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

まだ咲かぬ長寿桜の心配を

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

氏郷も住むで居たろふ安土城

作者名 日野寅馬 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『少しずつ食卓彩る春菜かな』 作者: 香代子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ