俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桜ひとひら我が命ひとつなりけり

作者 暁桜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜の花びら一枚の命も私の命も
皆、宇宙の地球のこの世のあの世の全ての一部であり、一体なんだなぁって
ありがたい気持ちで作ってみました。しかし、俳句はド素人で、皆様になかなか思いの伝わる句が出来ず添削して下さる皆様にもご配慮頂いてしまい申し訳ございません。
喜びも悲しみも全て美しくありがたいという思いは、これからも変わりはありませんから、手直し頂けましたら嬉しいです。美しい日本の言葉を学びたい気持ちです。
何卒よろしくお願い致します。

最新の添削

我が命ひとつなりけり飛花ひとひら

回答者 ハオニー

命は動物だけのものなのか、植物はどうなのか、と考え込みました

これは自分の命を桜の花びらに喩えている句だと思いました
「我が命ひとつなりけり」という表現には、割とどんな季語でもいけます
我が命ひとつなりけりチューリップ(映像とイメージを入れるタイプの季語)
我が命ひとつなりけり夕月夜(時間軸を入れるタイプの季語)
我が命ひとつなりけり秋彼岸(映像のない時候の季語)
ここに桜を入れるとなると、類句は多そうです

これは上五字余りで中七・下五をくっつけた形なのですが、どうしても七五七に見えてしまい型破りだなと思われてしまいます
桜ひとひら/我が命ひとつなりけり

これは「我が命ひとつなりけり」を上五・中七に置いてしまうのがいいです
そして下五(座五)で、このどんな季語でも合いそうな表現に、作者さんらしい季語を入れる方法が望ましいです
私は「下五の字余りは1音分が限界」と頑なに信じているタイプの人間ですから、飛花ひとひら(ひかひとひら)と6音で止めています

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桜ひとひら我が命ひとつなりけり」の批評

回答者 輝久

「桜散る中に我が身のひとつ哉」

私も添削などできるキャリアは無いんですが。
原句は字余りで破調で詠んでいます。
やはり最初は定型ですっきり詠む方が良い様な気がします 

点数: 4

添削のお礼として、輝久さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かけこみの工事始まる寒終る

作者名 いなだはまち 回答数 : 11

投稿日時:

伊勢海老の如く殴打し任に燃える

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

ワイパーの滑り良し哉梅雨に入る

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桜ひとひら我が命ひとつなりけり』 作者: 暁桜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ