俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花も列もたわわや明月院

作者 なおこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは、いつも拙い句にコメントありがとうございます。
以前こちらに投句した

行く人の足を止めるは濃紫陽花

を皆様のご意見を参考に推敲しましたが、
たわわ を使った事が気になっています。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「紫陽花も列もたわわや明月院」の批評

回答者 腹井壮

なおこさん、こんばんは。いつもコメント有り難うございます。たわわといえばまず女性の胸を想像する腹胃壮です。前回の句に比べて表現を工夫している姿勢はわかります。しかし、名月院の紫陽花に余計な説明は不要だと思います。また、人の列を例えるのに「たわわ」や助詞の「も」というのも空回りが過ぎた気がしますね。

紫陽花に人の熱れや名月院

紫陽花や名月院の人熱れ

私ならこの程度に抑えてみます。参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

赤潮の道裂き進む黒き船

回答者 かぬまっこ

今晩は✨
🔷赤潮や黒き船首が道を裂く
を推敲しました。
「や」では句の内容から切れないので、「や」を使わず

🔷赤潮の道裂き進む黒き船

としました。どうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ありがとう俳句をやめる甘い夏

作者名 翔子 回答数 : 8

投稿日時:

稲穂に負けじ柳に風頭垂る

作者名 宴·輝和 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

駄菓子屋に自転車数多夏休

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花も列もたわわや明月院』 作者: なおこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ