俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白霜をきゃっきゃとつつく頬は赤

作者 ワノ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私の住んでいる地域では、霜は本当に寒い朝にしか見れないので、
霜をつついたり霜柱を踏んだりするのはまっさらな雪に足跡をつけるのと同じくらい
特別な遊びだった記憶があります。

「音と香を~」への添削をいただきありがとうございました。
皆さんの句案、どれも素晴らしくて、なるほどそんな表現がと頷いてばかりです。
これまで「俳句には季語を必ず入れる」というルールしか知らず、好き勝手に遊んでまいりましたが、
なるほど添削をいただけるのはとても有難く嬉しいものですね!
本当は添削いただいた皆さんへお礼の句評をと思ったのですが、大変恐れ多く、感想も「素敵!」以外に書ける気がしなかったので、恐れ入りますがこちらの欄をお借りいたします。本当にありがとうございました。

最新の添削

「白霜をきゃっきゃとつつく頬は赤」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「白」「赤」の対比を狙っていますね。
文字で「白」「赤」と書かずにできるとスマートかと思います。
書くとしても、最後の最後にわざわざ「赤」と置くのは狙い過ぎに見えるので・・・

・白霜をつつく童子の赤帽子

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白霜をきゃっきゃとつつく頬は赤」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ワノさん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

皆さんのコメントが参考になったようで良かったですね。ちなみに、コメントを寄せてくださった方々へのお礼は簡単でいいのですよ。添削とか考える必要はないですよ。

さて御句。「きゃっきゃ」というのはわかるのですが、この擬音でなければこの雰囲気は表現出来ない…と言うことでない限り、擬音でない方がお気持ちは伝わると思いますよ。

提案句は、シンプルに次の通りです。
・白霜に頬紅く染めはしゃぐ子ら

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遠花火さいごの君の予感して

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

雲の峰ベルト締めおり私の日

作者名 ジャマイカ丼 回答数 : 2

投稿日時:

夏銀河仰ぐ太陽電池かな

作者名 塩豆 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白霜をきゃっきゃとつつく頬は赤』 作者: ワノ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ