俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

葡萄畑渓谷よりの風が抜け

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

以前に訪れたフライブルクで。

最新の添削

「葡萄畑渓谷よりの風が抜け」の批評

回答者 知世

こんにちは。
こちらはドイツの句なのですね。
「葡萄畑」と「渓谷」だけで何となくヨーロッパの風光明媚な土地が思い浮かびます。
「何がしかの田や畑に山や谷からの風が吹き抜けていく」というのは非常に類想が多そうですが、久田様はどういったところでオリジナリティを出されているのでしょうか。
こちらの句に限らず正調俳句(というのでしょうか?)は少なからずその問題に直面しそうですが…。
あるいは類想など気にせず思うままに句作されるのでしょうか。
批評ではなく疑問です。
良ければそのうち句を作る時の心構えなど教えて下さいね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蝶の行く杖を追い越す日の光

作者名 渡瀬祐輔 回答数 : 3

投稿日時:

コロコロの焼豚丼や花月夜

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

初飲みの手製の梅酒待ちわびて

作者名 ドキ子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『葡萄畑渓谷よりの風が抜け』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ