俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山躑躅赤白桃や咲き競ふ

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今とっても綺麗です。

最新の添削

「山躑躅赤白桃や咲き競ふ」の批評

回答者 かぬまっこ

またまた今日は👋😃俳句の「が」について考えてみました。俳句では散文的になるのであまり「が」は使わないと言いました。でも、「が」を使った名句もありますね。

🔷蟋蟀が深き地中を覗き込む  山口誓子

🔷細胞がまず生きんとす緑の夜 ムツオ

🔷よく眠る夢の枯野が青むまで 金子兜太

「が」使ってますね。でも「が」を使っても句の中に詩があります。
私は「が」を使う勇気はないです。なぜなら「が」は詩的な雰囲気を壊すからです。この句には「が」と言い切れるような句が詠めたらよいなと思います。いつになることやら…。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山躑躅赤白桃や咲き競ふ」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃山躑というと赤が思い浮かびます。例句を見ると「赤つつじ」と詠んでいる句もありますね。山躑躅と詠んだのならあえて色は入れなくてよいのではないでしょうか。「咲き競ふ」は説明です。と夏井先生なら言うかな。咲き競っている様子を詠むのです。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

運のつく食材煮込む冬至かな

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

敗戦忌ひとの本能かも知れぬ

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

数々の忌日の過ぎて残暑かな

作者名 なおじい 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山躑躅赤白桃や咲き競ふ』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ