俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初秋の来たれど帰へる秋はなし

作者 西風子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

確かに秋は来るが去年とは違う。年とると季節の移り変わり、過ぎた日々は巡ることはないなあと感じるのだ。

最新の添削

初秋や去るもの追わず日々新た

回答者 なおじい

こんにちは。
西風子様、いつも勉強させていただいております。

御句、とてもセンチメンタルな句ですね。岩崎宏美さんの名曲「思秋期」が流れてきそうです。
初秋という季語ですが、8月の季語ですね。実際にそんな早くからメランコリックになってしまうのですか?
人それぞれですが、暦の上では立秋ですが、蝉時雨真っ盛りの真夏ですよー!そういうこと考えるのはもう少し後にしたらいかがですかー(笑)

提案句は、添削でも手直しでもないですが、終わって過ぎていくものは追いかけないで!毎日新しいことが起きているんだから!という激励の句です!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋来るや再び来る秋のなし

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ちょっと難しいですね。
「帰へる秋」とはつまり「還る秋」ということでしょうか。
季語「初秋」ではない方が良いような・・・
「来る」は「きたる」と読みます。

理屈が先に立っている句なので、こんな感じですかね・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初秋の来たれど帰へる秋はなし」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

読者を信用しているというか頼りすぎですね。まぁそういう物思いに更けることもあるねーくらいにしかうけとれずそこから広がらないなぁというのが正直なところです。

こういうなんとなく秋のセンチメンタルな思いは「秋思」という季語一言で済むきがします。

抽象的な観念だけの句もないことはないですが、成功させるのはなかなかの手練れの技が必要で超ウルトラ難しいです。

是非句の中に、具体的な映像を。その映像に思いを託してみてください。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

釣人を濡らしてゆけり春の雨

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

いわし雲青地薄きのぼろタオル

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

涅槃なす鈴鹿七峰眠りをり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初秋の来たれど帰へる秋はなし』 作者: 西風子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ