短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

古の人も辿りしこの道を我も歩みて思いは巡る

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

『夏草や兵どもが夢の跡』
芭蕉の句が或る日ふと浮かび、言い知れぬ感動を覚えました。

夏草はこの地上に遍く広がっており、夢の跡は各地に眠っている。
訪れたのはギリシャです。

最新の添削

「古の人も辿りしこの道を我も歩みて思いは巡る」の批評

回答者 よしはむ

鴨長迷さんの短歌を拝読しました。
作者の気持ちが伝わってくる良い歌だと思います。

ただ、ちょっと言葉が陳腐だと感じました。
なにか別の、鴨長迷さん独特の言葉で語られていると、よかったと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜の橋さびしき星に笛を吹く水から見える星妹か

作者名 密奥 白楊 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

散歩中 工事現場で 見かけたる 同年配の 彼が旗振る

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『古の人も辿りしこの道を我も歩みて思いは巡る』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ