短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

ランチ時乗りたる電車ポカポカで着膨れの客避暑地まで行く

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

友とランチの約束があり昼前の電車に乗った。澄んだ冬の空からさす日差しに車内はポカポカ陽気。

最新の添削

「ランチ時乗りたる電車ポカポカで着膨れの客避暑地まで行く」の批評

回答者 よしはむ

鴨長迷さんの短歌を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

『ランチ時乗りたる電車ポカポカで着膨れの客避暑地まで行く』

着膨れという言葉から、冬であることがわかります。
ただ、「ポカポカ」という言葉と、「避暑地まで行く」という言葉が、冬のイメージを裏切っています。
暖房で暑くなりすぎて、避暑地まで行くという意味でしょうか?
おもしろい発想の歌だと思います。

ただ、良いのか悪いのか、私にはよく判断できませんでした。
他の人の意見も聞いてみたいと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者名 河口亨 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

皐月まつ引けよ初花岩瀬野に心身ともに愉絶快絶

作者名 米田克巳 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『ランチ時乗りたる電車ポカポカで着膨れの客避暑地まで行く』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ