短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

この人の優しさ我に教えおり人愛し方我愛し方

作者  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

歌のままですが、夫と暮らして、人生で初めて人を大切にするとは?そして自分を大切にするとは?を教えられている気がする気持ちを詠みました。
短歌初心者ですので駄作ですが、どなたかご批評いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

最新の添削

我が夫の心が我に教えたり人愛しまた我愛す道

回答者 電脳ヴードゥー

この人=ご主人とのことで、古語風につまという読みで入れてみました。夫が私に教えてくれた。人を愛し自分をも愛する術を。としてみました。原作の素敵な感じがより伝われば良いなと思い、このように提案させて頂きます。

点数: 0

添削のお礼として、電脳ヴードゥーさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ふと空を見上げれば彩雲がみんなを呼んでカメラを構える

作者名 マーチ 回答数 : 0

投稿日時:

そわそわとあの人来るの待ちわびて一個のキャンディー手に握りしめて

作者名 マーチ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

いつからか花は旅してたどり着き自生の如く今咲き誇る

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『この人の優しさ我に教えおり人愛し方我愛し方』 作者:
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ