短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

陽だまりに 微風を受けて 上下する 紅梅は言う 我ここにあり

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

かすかな北風を受け、冬の快晴の中、鋭い日差しを受け紅梅が鮮やかに揺れていました。

未だこのサイトの作法を掴めておりません。もし失礼をしておりましたらお許し下さい。

最新の添削

「陽だまりに 微風を受けて 上下する 紅梅は言う 我ここにあり」の批評

回答者 よしはむ

鴨長迷さんの短歌を拝読しました。

「北風を受け、冬の快晴の中、鋭い日差しを受け紅梅が鮮やかに揺れていました」
冬の歌ですが、陽だまりという言葉を使うとポカポカと温かい感じを受けてしまいます。
冬の北風の中に紅梅が立っている状態を歌うのでしたら、「陽だまり」は別の言葉に変えられた方が良いと思いました。

次回作も楽しみです。応援しています!

他の方の短歌に感想を書くと、最新の添削依頼がサイトのトップに表示されます。
ぜひ、他の方の感想を書いていただけるとありがたいです。

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

籠の中捨てられ兎声もなく朝陽を浴びて何を想うか

作者名 福澤貴美子 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

1年が短く感じるのは好きだから今日は2人の出会い記念日

作者名 マーチ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『陽だまりに 微風を受けて 上下する 紅梅は言う 我ここにあり』 作者: 鴨長迷
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ