短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

なぜ言えぬたったひとこと好きですと

作者 マーチ  投稿日

要望:褒めてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

本当は大好きなはずなのに彼を目の前にすると素直になれません。
好きですと言いたいのに。

最新の添削

なぜ言えぬたったひとこと好きですとあなたはすでに他人の夫

回答者 よしはむ

マーチさんの短歌を拝読しました。
下 の 句(最後の七七)が作られていなかったので、僭越ながら、私が作ってみました。
意味が変わって、失恋の歌になってしまいましたが、いかがでしょうか?
次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 1

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寝入りばな豪雨に驚く翌朝も澄み切った空嗚呼エーゲ海

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

裸木に しがみつきたる 柿のみを 夕日が照らし 今輝けり

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

猫死にて庭に残りし残飯に雀五六羽怖じずついばむ

作者名 森田 広務 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『なぜ言えぬたったひとこと好きですと』 作者: マーチ
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ