短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

鷺のよう細りし兄の手を握り永遠の別れに故郷の雨

作者 榊原元子  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

兄が世を去る前に立ち会った場面です。
細くなった手を握りやせ細った兄はまるで鳥のよう
故郷の帰り兄を見送った時の句です。
外は悲しみの雨が降っていました。

最新の添削

「鷺のよう細りし兄の手を握り永遠の別れに故郷の雨」の批評

回答者 堀籠美雪

榊原元子様
はじめまして、宜しくお願い致します。兄ではございませんが、私にはニ年前、脳梗塞で左半身不随になり、寝たきりの父がおります。手も足も痩せ細って、まさに鳥のようです。歳を取っても丸々していた父に戻してあげたい、歩かせてあげたい。思いが募ります。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者名 河口亨 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

明け方に 君の背骨の 型なぞる ただそれだけが 幸せだった

作者名 ハナコンブ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:褒めてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『鷺のよう細りし兄の手を握り永遠の別れに故郷の雨』 作者: 榊原元子
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ