短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

三十年堆肥をまけど肥沃にはならぬ地球の一部を耕す

作者 森田 広務  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

それでも私の土地ですから頑張っています。

最新の添削

「三十年堆肥をまけど肥沃にはならぬ地球の一部を耕す」の批評

回答者 よしはむ

藤井 擴さんの短歌を拝読しました。

これは農業の歌のようですが、もしかして、才能などの暗喩でしょうか?
才能が芽吹くには長い時間がかかると言います。
『近代彫刻の父』オーギュスト・ロダンは、美術学校に落ち、独学で彫刻を勉強して、40歳くらいになって、ようやく芽が出たそうです。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

勝ちたいを並べて画面いっぱいにしたらやっぱり行けた学校

作者名 回答数 : 9

投稿日時:

過ぎてこし もどらじの冬 惜しむらむ 春待つ心 嘘はなけれど

作者名 河口亨 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

風が吹き緑の馬が走るよになびく緑葉来い五月

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『三十年堆肥をまけど肥沃にはならぬ地球の一部を耕す』 作者: 森田 広務
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ