短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

高齢のわりに幼き夢をみて妻に話せば「馬鹿ネ」と言われる

作者 森田 広務  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

気が若いのです。体はガタガタです。

最新の添削

「高齢のわりに幼き夢をみて妻に話せば「馬鹿ネ」と言われる」の批評

回答者 よしはむ

藤井 擴さんの短歌を拝読しました。
発想が良いと思ったのですが、内容が説明的で、ちょっとうまく表現できていないように思えます。
もう少し、推敲されると良い歌になると思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

北風の冷たい朝の弁当に「サンドイッチ」を問うも文化か?

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夕立に耐えて耐えなむ一輪の花の根元に蟻の居るらむ

作者名 白階夕市 回答数 : 0

投稿日時:

ゆっくりと月の鏡を愛づる夜や いつの間にやら痛みたる首

作者名 大野道風 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『高齢のわりに幼き夢をみて妻に話せば「馬鹿ネ」と言われる』 作者: 森田 広務
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ