俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

さくら (No: 1)

スレ主 稲村信明 : 0 50代 投稿日時:

桜が咲き誇っている空をみていると桜の芽から昨日の雨のしずくが流れでていた。
視線を正面にすえると卒業式を終えたばかりの学生が目に涙をためていた。
ふと、思い立ち、俳句にしてみました。
宜しく御願いします。

今日の一句

そらさくら あおぎみるめに しずくかな

カテゴリー: 雑談。最近の出来事

この投稿に返信する!
投稿に返信する!

他の投稿一覧

ページには飢えしペリリュー秋澄めり

投稿者 腹胃壮 回答数 : 2

投稿日時:

9月23日付小澤 實選 東京俳壇入選です。北野きのこさんおめでとうございます。自分の名前はなかったのですが自分の事のように嬉しいです。 続きを読む >>

まえの父親は偽装死亡

投稿者 まえ 回答数 : 2

投稿日時:

下記の書き込みは吹上万依の父親 吹上新茉の家族 工藤会の元暴力団 関東GIGINAの書き込みです。 未解決、 1996年2月... 続きを読む >>

今日の一句:殺人

物悲しい季節の始まり

投稿者 匿名 回答数 : 2

投稿日時:

秋の夕焼け空に舞うとんぼ いままでの思い出がよみがえります。 続きを読む >>

今日の一句:過ぎ去った日々へと向かう赤トンボ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル: さくら 投稿者: 稲村信明

今日の一句: そらさくら あおぎみるめに しずくかな

桜が咲き誇っている空をみていると桜の芽から昨日の雨のしずくが流れでていた。
視線を正面にすえると卒業式を終えたばかりの学生が目に涙をためていた。
ふと、思い立ち、俳句にしてみました。
宜しく御願いします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

俳句クラブ『今日の一句』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ