俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

杉の山ぽつんぽつんと秋の色

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

我が家の周りは杉や桧の山で、緑一色なのですがそれでも所々紅葉している所が見うけられるのです。杉の山…悩みました。

最新の添削

「杉の山ぽつんぽつんと秋の色」の批評

回答者 丼上秋葵

こんにちは! おくらと申します。

拙句「赤提灯」に、ご批評くださりありがとうございます! 

すぐ止むとわかっているし、雨宿りなんてどこでもできるけど…? まぁ、雨をしのぐためなら仕方ないよね…? あぁー仕方ない、仕方ない!(うきうき)という句意を汲んでいただけたようで、とても嬉しいです。悠様の添削句では、よりそれが強調されていますね。

雨宿る場所の選択肢は数あれど、あえての赤提灯という気持ちを座五の字余りに託して詠んでみました。

恐縮ながら、御句「杉」の句に感想を述べさせていただきます。

具体的な色の描写は全くされていないのに、緑の山に転々と紅葉の鮮やかな色が垣間見える、素敵な句だと思いました!

中七の「ぽつんぽつんと」がとても好いですね。季語の「秋」の〈淋しげ〉な雰囲気とあいまって、余情が感じられます。情景描写に終始していながら、御句からは、その淋しげな「秋の山」を物憂げに見つめている詠み手の心情を察しようとさせる力が感じられます。 

余談ですが、当方、花粉症持ちなので「春の山」でなくて本当によかったです💦別の涙を誘われることになっていたと思います。

「拙い手」をどうするかというご質問も面白い議題なので、目下頑張って思案中です。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春眠にハイスペック尻に引かれ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

室外機まはりて蜂のざわつけり

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

トンネルを抜ければ右は夏の海

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『杉の山ぽつんぽつんと秋の色』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ