俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪おほひ色なき街に沈みけり

作者 あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雪が積もってきて見渡せる街が白くなっていく様子です。

俳句は年明けから始めたばかりですので
添削をお願い致します。

最新の添削

初雪がセピアの街を覆ひけり

回答者 腹井壮

あつこさん、こんばんわ。
自分も初心者の腹井壮と申します。

セピアの街というのは時代から取り残されたような街をイメージした表現です。けっして上手な添削とは言い難いのですが今の自分の実力ではこれが限界です。どうか御理解を。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

建物のおほらかな街風かをる

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

スポティファイ閉じて夕立ももう止む

作者名 ぱいん 回答数 : 3

投稿日時:

塔婆より飛び立つ鳥や秋の空

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪おほひ色なき街に沈みけり』 作者: あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ