俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

引き締まる気持ち初舞神々に

作者 乙 佐知子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年の初め、神様に捧げる舞い。誠実な気持ちで、ピリッとした寒さの中、一年の無事を願っている。

最新の添削

「引き締まる気持ち初舞神々に」の批評

回答者 腹井壮

乙佐知子さん、こんばんわ。はじめまして腹胃壮と申します。宜しくお願い致します。

上五中七で読者の想像に委ねる部分を自ら説明している感じがしました。添削案としては

神々に捧ぐる舞の年初かな

では如何でしょうか。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏至の日の湖に架けたる橋長し

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

丸の内ヒールコツコツ花時の妹

作者名 白石萌 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

目黒川さんまのかをり流れ来る

作者名 蘇州大蔵 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『引き締まる気持ち初舞神々に』 作者: 乙 佐知子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ