俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吾知らず余命いくばく夏の月

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

最新の添削

「吾知らず余命いくばく夏の月」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「知らず」と「いくばく」で意味が重なってますね。
「吾の余命知らず」「吾の余命いくばく」のどちらかでよいですよね。
「吾」も要るか要らないか、というところです。

・今生を如何に終ふかや夏の月

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吾知らず余命いくばく夏の月」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

さつきさん……
「余命いくばく」と知っているのか「吾知らず」なのか?矛盾してるように思います。
誰の余命なのかもわかりません。
しかも三段切れですし……

さつきさんのおばあ様には申し訳ありませんが、こうでしょうか。
・祖母の余命半年と知り夏の月

点数: 2

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二人きて泉に幸と記しけり

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

王春子等賞ガッツ讚多ベル一二讚多サンタ多事讃ふ表現で一二ひいふ詠みます

作者名 宴·輝和 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

峠道もう一息よと曼珠沙華

作者名 仲田清 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吾知らず余命いくばく夏の月』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ