短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

わが里の田畑の荒れにこと寄せて山よりくだる猪に鹿

作者 森田 広務  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

田舎の荒廃ぶりは困ったものです。

最新の添削

「わが里の田畑の荒れにこと寄せて山よりくだる猪に鹿」の批評

回答者 よしはむ

藤井 擴さんの短歌を拝読しました。
うーん、ちょっと読後感が悪かったと思います。
イノシシや鹿に困っている、というのがテーマではなく、自然の美しさを表現するような歌、何かポジティブな要素で締めくくられていると良かったように思います。

「友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ」
石川啄木の歌です。

最後は、ポジティブな言葉で締めくくられているので、読後感が良いです。
こんな感じにできると、すごく良いと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

このサイトでは、他の方の短歌に感想を書くと、ご自分の最新の添削依頼がサイトのトップに表示されます。ぜひ、他の方の短歌に感想を書いてください。

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カーテンの隙間から漏れる日光が僕らを起こす目覚まし時計

作者名 Riri 回答数 : 0

投稿日時:

乗客が徐々に下車した終点で一羽の雀チョンと乗り込む

作者名 鴨長迷 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

君は僕ボクはキミだけを見ている水族館の水槽越しに

作者名 よしはむ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『わが里の田畑の荒れにこと寄せて山よりくだる猪に鹿』 作者: 森田 広務
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ