短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

ぬばたまの黒きコートはふかぶかと魂守る私の味方

作者 悟り鯛子  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

前回投稿したものを改善すべくやってみました。「ぬばたまの黒き」は古事記の「ぬばたまの黒き御衣」という表現からそのまま借りて使ってたのでここの表現も直す必要ありかどうなのか悩みます。

最新の添削

ぬばたまの黒き衣はふかぶかと魂守る私の味方

回答者 よしはむ

悟り鯛子さんの短歌を拝読しました。

黒きコートを黒き衣に変更してみました。
黒きコートという言葉が「ぬばたま」「魂守る」と、ちょっと合わないなと感じたからです。
黒き衣の正体は、黒木コートであると読者に想像してもらうかと思います。
いかがでしょうか?
他の方の感想も聞きたいところです。

次回作も楽しみです。応援しています!

他の方の短歌に感想を書くと、最新の添削依頼がサイトのトップに表示されます。
ぜひ、他の方の感想を書いていただけるとありがたいです。

点数: 1

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

音のみが交差する夜の病室十三夜の月が照る

作者名 竹島博 回答数 : 2

投稿日時:

手首まで到達してる生命線 百万回のキスは余裕

作者名 平 杞憂 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『ぬばたまの黒きコートはふかぶかと魂守る私の味方』 作者: 悟り鯛子
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ