短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

二上を見上げりゃ荒ぶおろし風肌色見れば秋ぞ恋しき

作者 川戸靖隆  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

今年は紅葉を楽しむ前にすっかり寒くなって年末になりました。そして今頃になり綺麗な紅葉をむかえた二上山に対して、冬の視点から秋を乞う=恋の歌になってます。一つ気になるのは、りゃの部分です。音を優先したのですが、他に言いかえがあれば教えてくださればさいわいです。長歌はまだよく詠むのですが、短歌に不慣れなので手ほどき頂けますようお願いします。

最新の添削

「二上を見上げりゃ荒ぶおろし風肌色見れば秋ぞ恋しき」の批評

回答者 よしはむ

川戸靖隆さんの短歌を拝読しました。
りゃの部分ですが、私はこれで良いと思いました。川戸さん、独特の表現で他の言葉を使うより味わいがあると思います。

気になったのは、「秋ぞ恋しき」で、ここは「春ぞ恋しき」の方が良いのではないかと思いました。
過去より、未来の春に目を向けた方が、明るい内容になって良いと思います。
もちろん、哀愁の句としたい場合は、このままで良いと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 2

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

理性という檻へ飼いならした人生ボクの獣を解き放ちたい

作者名 かかか 回答数 : 0

投稿日時:

その色やいかで知らるる月あらで我も居らせよ雨の夜桜

作者名 いつあり 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『二上を見上げりゃ荒ぶおろし風肌色見れば秋ぞ恋しき』 作者: 川戸靖隆
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ