短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

眠れぬ夜繋ぎっぱなしのケータイを頬に当てては君を感じる

作者 向日葵  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

通話しながらケータイを使用すると熱くなって、なんとなく彼の体温みたいだなーと思いました。
どうするともっと良くなるか知りたいと思っています。

最新の添削

繋がったままのスマホが君の熱伝えた気がした午前二時

回答者 はしづめ

とっても可愛くてaikoの「二時頃」という歌を思い出しました。
手直しはそれに寄せすぎましたが、眠れぬ夜がどんな夜か具体的に書くのもひとつかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、はしづめさんの短歌の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『眠れぬ夜繋ぎっぱなしのケータイを頬に当てては君を感じる』 作者: 向日葵
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ