短歌添削道場(投句と批評)

以下の短歌の添削・批評をお願いします!

おつぼねが私ならいじめないといういやいや全く同じですけど

作者 マーチ  投稿日

コメント(短歌の意味。悩みどころ)

前にも話した、後輩いじめのおつぼねに私が、前いた職場の先輩の話をしたところ、何で若い子をいじめるんだろうね❓私ならそういう事はしないと言ってました。笑
どの口が言うのかな❓と思いました。

最新の添削

「おつぼねが私ならいじめないといういやいや全く同じですけど」の批評

回答者 よしはむ

マーチさんの短歌を拝読しました。
人間は自分についての評価は甘いですからね。
腹が立ちますが、仕方のない話だと思います。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの短歌の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初日の出上々吉や九十四現役歯科医達者の如し

作者名 笙染 回答数 : 0

投稿日時:

どこまでも続く秋空この空僕の上にも君の上にも

作者名 たまゆら 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
短歌を添削する!
添削対象の句『おつぼねが私ならいじめないといういやいや全く同じですけど』 作者: マーチ
手直しした短歌は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの短歌

ました!

次回作も楽しみです。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ