俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天球の蟹味噌を喰う月涼し

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

月涼し(夏)と蟹(冬)と気重なりな感じはありますが、
季語は比喩に使うと季語としての機能が薄まると聞いたのでやってみました。100年早い!(というか、かに座自体は季語じゃないんですね)。
かに座の中心にあるプレセぺ星団(通称:蟹味噌)はとても暗い天体で、月灯りで見えなくなってしまいます。よりによって蟹味噌は黄道にあるので、ちょうど月が蟹味噌を喰うように天球を移動します。天体観測において、月は時として嫌われ者だったり。

最新の添削

プレセペを蟹味噌のごと喰らう月

回答者 あさこ

私が無知なだけなのですが、
コメントを読んで、意味を理解しました。

かに座のプレセペ星団を蟹味噌のように月が食べているとゆう表現が、独創的な風情があり、とても好きです!

ただ、内容が複雑な句なので、
直喩の方が分かりやすいかなと思いました

季語になってしまうので、
あまり良い添削ではありませんが💦

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、あさこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

プレペセを蟹味噌のごと喰らう月

回答者 あさこ

句の評価:
★★★★★

私が無知なだけなのですが、
コメントで、意味を理解致しました。
かに座のプレペセ星団を蟹味噌に例え、月がそれを喰らうとゆう表現、独創的な風情があってとても好きです。

ただ、とても複雑な内容なので、
蟹味噌は、直喩の方が分かりやすいかなと思いました。

季語になってしまうので、
あまり良い添削ではありませんが…💦

点数: 1

添削のお礼として、あさこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花や雨にうたれて活きており

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

水鳥やもると煉獄決まりけり

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

風の盆胡弓と下駄の音三日間

作者名 これさん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天球の蟹味噌を喰う月涼し』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ