俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ハロウィンの渋谷ライブや秋収め

作者 大泉洋二郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年は無事に終わってほしいですね。
季語の選択を悩みました。

最新の添削

「ハロウィンの渋谷ライブや秋収め」の批評

回答者 丼上秋葵

進撃の巨人ならぬ、
追伸のおくらです。

大泉様が最初期に詠まれていた「運動会」や「芋煮会」の句たちは素朴ですが、温かみがあって、とても好きでした。

斬新な表現の追求も大切だとは思いますが、あのような、優しい、句の心が感じられる作句をしていただきたいと思います。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ハロウィンの渋谷ライブや秋収め」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
改めまして、おくらです。

黙っているのも大人の嗜みだと思い、何も言わずにおこうかと静観していたのですが、御句「黒点」の句にケチをつけてしまった以上、こちらの句にも感想を述べさせていただくのが、筋かと思いました。

恐縮ながら、御句「ハロウィン」の句に感想を述べさせていただきます。

2011年のNHK俳句で「ハロウィーン」が季題として挙げられました。載っていない歳時記もまだ沢山ありますし、西洋のものとは少し趣を異にしますが、日本の「ハロウィン」は、季語として、確立しています。

これは知識の問題なので、別に知らなければ知らないで問題はありません。

御句の一番の問題は【「ハロウィンの渋谷ライブ」と「秋収め」を同列に扱ってしまった】ことです。

「秋収め」の季語が持つ本来の意味を、歳時記なり、それに類するもので、きちんとお調べになりましたか?

「秋収め」とは【その年の収穫がすべて終わり、豊穣をもたらしてくれた天地に感謝しつつ、春からこつこつと農業に携わってきた人たちを労う】意が込められています。

昨年はトラック横転事件まで起きた「ハロウィンの渋谷」ですが、【コスプレ大喜利のバカ騒ぎ】と化したこの行事を、私はいつも苦々しい気持ちで観ております。

いや、勿論、お祭りとして楽しんでいる方たちのお気持ちは尊重いたしますし、別に否定しようとは思いません。私も、実際に参加してみたら、それなりに楽しんでしまう自信はあります。

それに、子供たちがトリックオアトリートしながら、近所を訪ね廻る「ハロウィン」文化はむしろ、大好きであると断言します。

ですが、少なくとも「ハロウィンの渋谷ライブ」からは、そういった〈天地人に対する敬意〉を、私は微塵も感じることができません。

上記のような理由から、御句を一読して私が抱いた感想は、【季語「秋収め」が可哀想】の一言に尽きます。もっと一つ一つの言葉に対して、真摯な愛情を注いであげてもらいたいと思います。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鉛筆の芯に彫刻去年今年

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

山寺のまのびの鐘や夕霞

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

彼の葉より吾が葉旨いか病む胡瓜

作者名 弥平 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ハロウィンの渋谷ライブや秋収め』 作者: 大泉洋二郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ