俳句添削道場(投句と批評)

お題『風邪』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

飛べぬ翅広げ蟷螂空仰ぐ

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

更新日時:

八つ切りと決めて梨食う入歯かな

作者名 大浦美津子 回答数 : 3

更新日時:

霧雨や運動会のテント張る

作者名 虚俊 回答数 : 2

更新日時:

信濃路や湯気にとけいる秋の雨

作者名 イチロウ 回答数 : 1

更新日時:

今頃は別かれを惜しむ神の旅

作者名 新米 回答数 : 2

更新日時:

本返す道のついでに紅葉狩り

作者名 よしはむ 回答数 : 2

更新日時:

曲がる背の籠にごろごろ弾む柿

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

更新日時:

秋湿り担々麺の美しき赤

作者名 虚俊 回答数 : 1

更新日時:

歳時記の夜学の如き洟垂らし

作者名 虚俊 回答数 : 1

更新日時:

孫らの踊月に重ねつ踏む落ち葉

作者名 北のほたる 回答数 : 1

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

鶏頭の真紅目に染む朝日かな

作者名 千日草

投稿日時:

凛として水引草の五六本

作者名 千日草

投稿日時:

滝垢離や五分タイマー掻き消され

作者名 唯我独善

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「白鳥の憩いの水面砂湯かな」の批評

回答者 千日草

添削した俳句: 白鳥の憩いの水面砂湯かな

北様初めまして。千日草です。未だにコメントなど出来る立場ではありませんので聞き流してください。温泉で過ごせる白鳥とは素晴らしい光景でしょうね。
白鳥の羽休めたる砂湯かな 🙇

点数: 0

添削のお礼として、千日草さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜉蝣や待たば乾くに絞らるる」の批評

回答者 腹井壮

添削した俳句: 蜉蝣や待たば乾くに絞らるる

塩豆さん、こんばんわ。いつも御世話になります。

御自分で仰っているように「待たば乾くに絞らるる」の対象を不明にしたところがまさしくこの句のポイントでしょう。
読者によって対象物の想像の幅がかなり大きくなる中七下五です。
その結果、取り合わせの対象がはっきりせず読者には「季語が動く」のイメージを与えてしまう損なパターンですね。
ハオニーさんがよく「季語が動かない句はそうそうない。後は読者に納得させるだけ」と仰っていますが私も全くその通りだと思います。
私の場合は納得させるのではなく小手先で誤魔化しているだけですが(笑)
参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「啓蟄や止めは甘く刺して呉れ」の批評

回答者 竹内

添削した俳句: 啓蟄や止めは甘く刺して呉れ

腹井壮様
腹井壮様
いつもお世話になっております。竹内です(*^-^)
「雪の道」の句のコメントをありがとうございました。
酔いどれ坊人様の添削句の素晴らしさに圧倒されて、ほんと…ただの説明になってしまっていることすら判断できない自分が情けなくなりました。
やっぱり、「この光景をわかりやすく伝えたい」と思うと私は説明になってしまうようで、それがわからないのです。
以前、腹井壮様に教えていただいた「~して」は使わないように気をつけているのですが…他にはどこに気を付けたらいいのかわかりません。
調べてみると、初心者専用の句会があるようです。
今度、池袋の喫茶店でもあるようなので参加してそこでちゃんと自分で判断できる句が詠めるようになったらまた、俳句道場で鍛えてもらいたい…と思いました。

私は句そのものが理解できないこともあり、読み取る力もないようです。
こちらの句も、オリジナリティがあって面白くて、斬新だなと思うのですが、やっぱり読み取る力がなくて、何もコメントできず…申し訳ありません😞💦
でも、歌詞も面白かったです。
最初、腹井壮様が歌詞をかかれたのかなと思いました(*^-^) 

また、出直してきます…。

点数: 1

添削のお礼として、竹内さんの俳句の感想を書いてください >>

「啓蟄や止めは甘く刺して呉れ」の批評

回答者 塩豆

添削した俳句: 啓蟄や止めは甘く刺して呉れ

いつもお世話になります!
「啓蟄」という命の始まりのようなものを感じさせる季語にまさかこのような言葉が続くとは思いませんでした。思えば「生」を受ければ「死」が付きまとうのは当然すぎる事ですが、私なんぞではこういった側面を「啓蟄」の季語とともに表現するという発想には至らないです。見事と思いました。そしてそれを少し軽い感じで書いているのも良いと思います。

ここまで言っておいてですが「とゞめは甘く刺して呉れ」は何か生き物の気持ちを代弁しているものと私は捉えています。

そしてもう一つ今気づいたのですが「呉れ」が漢字であるなら「とゞめ」とした方が自然な気がしました。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

▼俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

掲示板に書き込みする!
添削依頼をする!(投句)

現在のお題『風邪』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ