俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝ぼらけ西に余寒のお月さま

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まん丸で白い月。

最新の添削

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 ナマエツケテヨ

いなだはまち様
餃子の句の批評ありがとうございます。
ご指摘の通り中七の言葉選びをもっと詰めれば良かったと思います。ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ナマエツケテヨさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、雪兎の句の添削&批評ありがとうございます。
当時は、本当に何も知らない超初心者で、「ぞ」の効果もよくわからずに使っていたのです(苦笑)。それとおっしゃるように、「どんな色」なのかを書くだけでも違っていたのかなと思います。

それと……教えていただきました「桜塩」、あれから調べてみました。興味深かったので、どこかの句で使えないか検討中です(笑)。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、「トカトントン」の句へのコメントありがとうございます。

この句を披露した意味は……実はそんな大層なものではありません(汗)。実はこの頃、句作にやや行き詰まりを感じていまして、新たな表現方法がないものか模索しているのです。こっちの工夫が、どんなふうに読み手に伝わるのかを確かめたかったという、それだけのことです。

中七は、おっしゃるようにベタだと思います。理由としては、「トカトントン」の意味が分からない人にも伝わるようにと、このフレーズにした覚えがあります。

ちなみに……あえて書かなかったのですが、「トカトントン」の句は愛媛新聞・青嵐俳談の入選句です。中七をもう少し工夫すれば、さらに上を狙えたかもしれません。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
添削の御礼遅くなり申し訳ござませんでした。「湯の香、潮香、、、」の句、批評、添削頂きと鳥肌が立ちました。あれはまさに「熱海」の梅祭りに行った際の「句」です。洞察力の鋭さに敬服します。と同時に熱海をメージ下さったこと、うれしく想いました。
「朝ぼらけ」の句、まさに「今朝」がこの通りでした。朝5時、月がオレンジ色に輝いていました。5時30分月が薄い「黄色」になっていました。6時「白」になっていました。この月の色が穏やかに変わっていく様子が、「朝ぼらけ」、「余寒」が見事にあてはまり、穏やかに明けゆく今日を見事に表現されている、、、、感服しました。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、こんにちは。一読して……「さすがです」と言うほかありません。

まず「朝ぼらけ」という美しい空間を提示して、そこからの”視点の誘導”がお見事です。西の空に何があるのだろと思ったら、今にも沈もうとする月がある。

また「余寒」という季語が効いていますね。この季語があることによって、月の白いイメージ、さらに朝の冷え冷えとした空気までもが伝わってきます。

勉強させていただきました。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 春亀

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
二句の添削、ありがとうございます。
花粉団子が応援団のポンポンに見えてきてクスッとしました。

余寒という季語が、澄んだ空気と暖かさの両方を伝えてくれますね。春はあけぼのとはよく言ったものです。朝ぼらけの中、薄くなってゆく月も優しく感じられました。

点数: 1

添削のお礼として、春亀さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 春亀

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
霞の句への添削ありがとうございます。
朝霞とシンプルにして、別の映像を落とし込む。そこに、霞と縁のある仙人で幻想的な風景に変わりましたね。
霞と白々明けでぼやけた色。そこに水分を含んだ苔で深い緑をと、色に拘り過ぎてしまいました。

点数: 1

添削のお礼として、春亀さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
「止まらぬ」、、、の「ぬ」は切れてないのですね。勉強になりました。が、「切れ」が良くわからないので、勉強します。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 豆柴

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
とても参考になりました
いなだはまちさんの俳句は素晴らしかったです。
情景が浮かんで、大好きな作品になりました!
お月様は俳人にとって特別なんですね😄

点数: 1

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 ひろせならありす

句の評価:
★★★★★

春の雷の句に添削ありがとうございます。

むつき と読みます。
おむつのことです。おむつで変換すると出ますよ。

春雷がなるような夜の寒さや、冷たい手を息であたためておむつをあてるような経験があるかたには、パッと理解できると思います。

相手が誰か、必ずしも分からなければならないとは思っておりません。

朝ぼらけの句は わかりやすく絵が浮かびますが、ややありきたりに感じました。

点数: 1

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 ひろせならありす

句の評価:
★★★★★

いえいえとんでもございません。

おそらく経験がないであろう男性の方が、母が愛情こめて世話してくれたことと重なる、とすんなり理解しておっしゃってくださり そうわかりにくい俳句でもないようでよかった、と安心しているところです。

点数: 1

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

テレビより妻の顔見る炬燵かな

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

春の田やアオサギしゃなり歩を運ぶ

作者名 ささゆみ 回答数 : 4

投稿日時:

めぐみんのいかしたポーズ夕焼けに

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝ぼらけ西に余寒のお月さま』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ