俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ブラインド月の幅ほど広げたり

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

アルミ製のブラインドに指入れて、月を見ました。
描写できているかなぁ。

最新の添削

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 ケント

こんばんは
生きたくての句にコメントありがとうございました
東国原さんの句は知りませんでした。子規忌が近いので先日詠みました。

大食ひの努力も虚し子規忌かな

また、よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、いつも適格なコメントと感心して拝見しております。
御句、景が見える素敵な句てすね✴
横からで失礼とは思いましたが…
優子さんへのコメント読ませて頂きました、ここの古くからの方は(と言っても私はちょうど1年ですが…)
優子さんの心のご病気を知っての上でお付き合いしているように感じます。
(そういう私は眺めているだけなんですが😓)
それでも、この道場に参加したいお気持ちを持っていらっしゃり、皆さんも受け入れていらっしゃるように思います!
以前にも、躁うつ病の方が熱心に投句されていた事もありました.ここはいろんな人を温かく受け入れるサイトだと感じています。
卓鐘さんのようなレベルの方から見たら仰る事は全く正論ですが…年の功に免じて、失礼とは思いながらもう少しソフトな言い方が出来ないものかと思った次第です。
ご病気の事をご存じなかったり、お気に障ったらごめんなさい。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

卓鐘様のこちらへの投句は「ここが惜しいかも・・」がわかりやすいことが多いので、ついそこを突っ込んでしまいます。
まあ【つっこみどころのない良い句は、もったいないので他へ投句してください】なのですが。

御句、季語「月」をもう少し映像として主役に見せたいですね。
「自分が広げた」の叙述は外せないとして・・

・月の幅ほどブラインドひろげをり

ちゃあき様の提案の「月光」も、ブラインドと相性がいい気がします。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

こんにちわ いつもお世話になります。
すぐ映像は浮かびましたよ ただ 月の幅が どのくらいかが 分かりませんでした。すみません

点数: 1

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
ブラインドを少し押し下げて月を見る仕草がとても良かったです。情景の切り取り方は、さすがですね。
感心ばかりしてられないので(笑)
「月の幅」を「指の幅」にかえてみました。

ブラインド指幅ほどの月見たり

やはり原句にはかないませんでした。すみません。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

卓鐘様
私は雑な人間なので、ブラインドが有ったら、思い切り開けてしまうだろうから、こんな風な句は惹かれます。それから添削ありがとうございます。赤ちゃんみたい、と思っていたのに、そのまま送ってしまいました。歳は卓鐘様よりかなり上だと思うので、恥ずかしい、としか言いようが無いです。💦添削も下手で本当に恥ずかしいです💦すみません🙏💦病気のせいにしてはいけませんが発達障害者なので💦

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、こんにちは。
いつもお世話になっております。

冠水の句、先ほぼ見てきた光景を即、詠んでみたら
切れが2か所、投降後に気が付いたのですが、時はすでに遅し。
瞬間、気が付かねばならんのに。
まぁ、日記&ご報告の意味合いが大きかったのでお許しを。

御句、ブラインドの隙間と月の大きさの対比を狙ったのかと思いましたが
あまり面白くないように感じました。すみません。
・消灯の窓は全開月夜かな
ブラインドをちょっと開けてみると言うことは、きれいな月がそこの
あることが分かっていたんですよね。
ならばちょこっと開けて覗かずに、美しい月を見ながら眠りにつくと
いたしましょう。

では、今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

ポイント:主語が何かを明確に。言葉の言い換えを試してみる。

確かにブラインドを指で開けたのは詠み手ご自身ではありますが、ここは月が隙間から入ってきた、すなわち月を主語とするのが良いのかなと思います。ブラインドはすだれと言い換えた方が響きは柔らかいですね。「けり」で「あっ、月が見えた」とその瞬間を発見、詠嘆します。
”満月やすだれの隙間通りけり”
「通る」がやや大げさかも知れませんので、覗くでも良いかな。
”満月やすだれの隙間覗きけり”

以上ご参考までに。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、拙句、べい独楽を・・・ への御意見どうもありがとうございました。
色をつけるが秋に通じると言われハッとしました。

御句。僕の頭の中の光景は、石原裕次郎がサングラスの端をちょっと銜えながらブラインド越しに月を見ているカッコいいシーンです。 
月の幅ほどというのは卓鐘さんの発見ですね。これは月その物より月光としてみたいと思います。
・月 光 の 幅 ほ ど 開 く ブ ラ イ ン ド
返って分りにくくなってしまいましたかねえ。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブラインド月の幅ほど広げたり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、こんにちは。
拙句「知るも知らぬも」にコメント有難うございました。

さて御句拝読しました。光景はすぐに浮かんだのですが、実はちょっと悩みました。「ブラインド」と「月の幅」の関係です。と言いますのは、ブラインドを指で開けるのは、縦方向に空間を作りますよね。でも「月の幅」と言いますと、どうも「横幅」が頭に浮かんで、横方向の空間作りがマッチするのではないかと思ったからです。
その意味では、カーテンであれば、開ける方向性はピッタリマッチします。

しかしここはどうしてもブラインドですよね。あのメタルの金属感、ちょっと都会的なハードボイルド感はカーテンでは出ません。
ではどうするか。

こんなのを考えました。

・ブラインド月の径ほど広げたり

あー、でも理屈っぽいかなぁ。

・ブラインド月のサイズに広げたり

我が家もブラインドです!でも我が家も、優子さんと同じくザーッと全部開けてしまいます(笑)。なぜなら窓から顔を出して見るからです!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

六連の青き真珠の寒昴

作者名 紀州鰹節 回答数 : 3

投稿日時:

花火音と燻煙こもる盆地祭

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

鈴音の止まず夜霧の恐山

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ブラインド月の幅ほど広げたり』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ