俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

イサクさん!特選おめでとうございます💫
イサクさんとの二年一カ月。いつも追いかける存在でいてくれてありがとうございます!
俳句への向き合い方、ずっとみてきましたから、この特選は感慨深いものがありました!

この句は見てないかなあ。またふらっと来てくださいね!
添削希望句ではありません。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

こんにちわ いつもお世話になります。 暑いですねぇ😭 ヒマワリの添削 ありがとうございました。ご指摘の来るこない と待ちぼうけの重複感は払拭できませんね 気をつけようと思います。三番目の添削句を頂戴いたします。

点数: 1

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 井上れんげ

句の評価:
★★★★★

子牛の句の添削有難うございました。
最初は「哺乳瓶離さぬ子牛」と思い付いたのですが、向日葵やの上五に合わせて哺乳瓶と子牛を入れ替えたのでバランスが悪くなったのだと思います。向日葵を日輪草などに言い換えて下五(字余りですが)にしようか迷いましたが、どうもピンと来なくてこうしました。結果、うまく「結球」してなかったのだと思います。
勉強になりました。また、頑張ります。

点数: 1

添削のお礼として、井上れんげさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
 拙句終戦日は、父が存命中、いつも丙種の心臓の者が、こんなに長く長く生きて、友達の三倍だと言ってましたから。
 そう言えば、庭いじりしてましたね。
 ご提案句、ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目で測る灼くる蛇口の溢れ水

作者名 水玉麒麟 回答数 : 4

投稿日時:

浴衣着て吾娘を迎へにスマホかな

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

炎天や流るる汗はすでに秋

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜘蛛の糸繰れば天までつづきけり』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ