俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

たんぽぽはきのうの星に触れたから

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
N俳へのお祝いコメントありがとうございます。
みなさんからの刺激で私の原動力があります、いつもありがとうございます。
この句はみなさんの輝きを少しずつわけていただいて、私も明るく咲けたというお礼句です~。

重ねて、みなさんコメントありがとうございました。御礼投稿でした。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!こんにちは!
いつもお世話になっております
春の虹のコメントありがとうございます。
風刺です。自戒を込めて詠みました。
通販生活俳句の地選おめでとうございます。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

椿句コメントありがとうございました
あらためまして地選おめでとうございます
今回は
入選句とこちらのボツ句の
心情2句勝負でした。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
落椿のコメントありがとうございます。
これは「おしの」山本周五郎の五辨の椿です。
・紅色の「おしの」の怨み落椿
とすればよかったかな?

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

げばげばさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
生活地選、N俳特選まことにおめでとうございます!
私もますます努力しなくては!

・たんぽぽは次の春へと飛んでゆく

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

げばげはさん。
ご無沙汰しております。
本職が立て込んでたのと良い句が出来ずにこのサイトから少し離れてましたが、作句は続けてました。
句を見て擬人化の句だなと感じました。
イメージとして、たんぽぽの綿毛が夜に星に触れる為に風に乗って浮かんだみたいなシーンを考えました。
あと突然でもうしわけないですが、最近合計8句投句しましたので、げばげはさんにはお手数をおかけしますが、句へコメントをお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
蜜蜂のコメントありがとうございます。
みつばち巣箱ですか、なるほどいいかもしれませんね。
イサクさん添削は私もいいなと思いました。
いつも勉強させていただきありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんばんは😊げばげばさん
いつもお世話になっております。
「トロ舟の水」の俳句にコメント添削ありがとうございます。そうですね。私も散文的な感じが気になっていました。声を出して何度か読んでいるとわかりますね。語順を変えてみるというのもとても勉強になります。ありがとうございます😊
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「たんぽぽはきのうの星に触れたから」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この度私の不躾な振る舞いにもかかわらず、手厚いコメントを頂きありがとうございます。くどいようですが是非ともお礼申し上げたく、ペン、いやスマホを手にしております。

げげばばさんの句には、いつもあこがれを感じて来ました。頼りがいのある優しい先生として素晴らしい人と敬服しております。

このサイトの発展に向け今後ともますますの活躍をお祈り申し上げます

またの機会がありましたら、その節はまた宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

神とやら我が何した冬の暮れ

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

炎天をゆつくり回す観覧車

作者名 そうり 回答数 : 10

投稿日時:

木枯や前へ前へと踏むペダル

作者名 ドキ子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『たんぽぽはきのうの星に触れたから』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ