俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老父母と居るやすらぎや草の花

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通販生活~よ句もわる句も~
佳作でした。
何か足りなくて「人」ではないのかなぁ…。
発想だろうか…。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老父母と居るやすらぎや草の花」の批評

回答者 未知夫

句の評価:
★★★★★

かぬまっこ様
はじめまして。「鳰の水脈」につき、一応俳句としては成立と評価いただきありがとうございます。イサク様より、「季重なり」の必然性を問われ、絞り込みの足りなさを感じました。この冒険の失敗を糧として、精進したいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、未知夫さんの俳句の感想を書いてください >>

「老父母と居るやすらぎや草の花」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今日は。かぬまっこさん。
「民族」ロシアかウクライナか。読む人におまかせするとします。
ただ、ロシアが悲願を遂げとの解釈が多いとすれば背筋が寒くなります。北海道征服もロシアの悲願という解釈も成り立ってしまうので。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「老父母と居るやすらぎや草の花」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

俳句で幸せはこういう意味です。良い句が出来たときはさることながら、「それはちょっと」との駄目出しもまた、次への励みのチャンスと受け入れ、楽しいものにしたいね!という願望です。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

唐黍を這う虫取りの御弾きよ

作者名 三男 回答数 : 3

投稿日時:

しくじりの凝り啜るや卵酒

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

秋空の下では皆子に戻る

作者名 柳瀬竜郎 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老父母と居るやすらぎや草の花』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ