俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

暖かしパジャマのままの夕餉かな

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「蜂と鬼ごっこ」にはたくさんのコメント有難うございました。
本句は、気候が良くなり、風呂上がりにパジャマに着替えて、その上に何も羽織らなくても湯冷めせずに夕飯が食べられるようになったな、というものです。ご意見よろしくお願いします。
え?なぜこのタイミングで「暖か」ですって?それは…。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「暖かしパジャマのままの夕餉かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪です!
いつもありがとうございます。

殺処分とかちょっとおどろおどろしい感じだったので、爽やかな句を出してみましたが、このままとっていただいて励みにあります。
なんだかぶかぶかな感じで真っ白く清らかでまだ着慣れてない感じの研修医らしい若者たちが病院の庭のところで集まってて、あの子らはおそらく研修医だろうなあと思ってる句でした。眼から入った情報ですが、肌から感じるあたたかとなんだかマッチしてきた感じでした!
いつもありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「暖かしパジャマのままの夕餉かな」の批評

回答者 佐渡じい

句の評価:
★★★★★

なおじい様 こんにちは!いつもご指導ありがとうございます。
「花すみれ」の句添削ありがとうございます。
「の」でなく「を」がいいですか。
中七「毟る手に触れ」はどうかな?
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡じいさんの俳句の感想を書いてください >>

「暖かしパジャマのままの夕餉かな」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句「不調」へのコメントありがとうございます。あまり深刻には考えていなくて、また納得できる時が来るだろうと待っています。
飯田龍太は好きな俳人の1人なんです。骨太の俳句を詠まれてますよ。

御句について
私は朝からパジャマのまんま過ごして夕食まで過ごしたのかと誤読しました。「お風呂上がり」を入れる字数もありませんし、難しいですね。
おっしゃりたいことは「何も羽織らずに」ということですよね。そうすると字数整理で「夕餉」を消したりすますか?
◆暖かし薄き寝巻きの袖に風
とか?

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「暖かしパジャマのままの夕餉かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。いつも添削ありがとうございます。
家庭生活の一場面を切り取って一家団欒の様子が伝わるよい句だと思いますが、コメントにある意味には受け取れませんでした。
・暖かやパジャマに羽織るものなくも (夕餉がなくなっちゃいました)
・暖かや何も羽織らず晩御飯 (パジャマがなくなっちゃいました)

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

この靴をまだ白靴と呼ぶとする

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

花吹雪足どり軽き人力車

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

君に逢ひ床に広がる花衣

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『暖かしパジャマのままの夕餉かな』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ