俳句添削道場(投句と批評)

春亀さんの添削得点の低い順の7ページ目

「飛梅をぬけゆく風や絵馬ゆする」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 飛梅をぬけゆく風や絵馬ゆする

こんにちは。
桶の句への添削、批評ありがとうございました。
私も夜の暗さを主軸にしたかったので、提案句をいい参考にさせて頂きました。てにをはの使い方は基本ですが、つい見逃してしまいますね。反省です。

御句ですが、最初に絵馬ゆするを持ってくると「何が揺すっているのだろう」というわくわく感から「なるほど、飛梅伝説か」と着地できるのではと思いました。この時期にぴったりの句ですね。

点数: 2

春亀さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

言葉にて引っ掻く二人猫の恋

回答数 : 1

投稿日時:

折り紙で作る我が家の雛祭り

回答数 : 2

投稿日時:

春月を食べる狐や親子の手

回答数 : 3

投稿日時:

桶の中ぬばたまの夜氷解く

回答数 : 5

投稿日時:

縁側で日向ぼっこのまな板よ

回答数 : 2

投稿日時:

春亀さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夏休み吾子と俳句を作りたい

作者名 はや 回答数 : 7

投稿日時:

秋高し高架急行つきぬける

作者名 猫山竹 回答数 : 4

投稿日時:

あといくつ風に舞う舞う花吹雪

作者名 野間たえ 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ