俳句添削道場(投句と批評)

南風の記憶さんの添削投稿の古い順の50ページ目

「空青し小さき手にもつ大落葉」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 空青し小さき手にもつ大落葉

 慈雨様、はじめまして。よろしくお願いします。

 御句ですが、表現したいことは分かります。ただ一読した時、季語「落ち葉」よりも青空の方が印象に残ってしまいます。
 落ち葉も空も、同じ自然系のジャンルに含まれます。同じジャンルのものを取り合わせるのは、双方をお互いに殺し合ってしまいがちなので、あまり得策ではありません。
 御句の内容でしたら、むしろ子供と落ち葉を対比させた方が、両方が生きると思います。

 艶やかな小さき手のひら大落葉

 長文になってしまい恐縮ですが、少しでも参考になりましたら幸いです。 

点数: 1

「人生は悲しみが先霜夜かな」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 人生は悲しみが先霜夜かな

 あやめ様、コメントありがとうございます。

 誤解のないように追記です。自分の意見を書くことがダメというわけではないのです。そこは私の言葉足らずで、申し訳ありません。
 俳句でやっちゃダメなことは何もないのです。

 「人生は悲しみが先」という言い方は、万人にも当てはまる普遍的なことを述べているように読めてしまいます。そうではなく、「悲しみの次に喜びがある」という、あやめ様ご自身の実感を素直に詠んだ方が、より伝わる句になると思います。

・喜びが次に来るはず霜の夜

 あやめ様の表現したかったのは、こういうことではないでしょうか? 少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

「黄金色見渡す限りの草紅葉」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 黄金色見渡す限りの草紅葉

 秋恵様、はじめまして。よろしくお願い致します。
 御句ですが、”黄金色”は季語の説明になっており、不要です。また草紅葉には広がっているイメージもあるので、”一面”も省けると思います。

 俳句には型があり、最もポピュラーなのが「季語を含む五音」+「その他の十二音」を組み合わせる基本型です。
 草紅葉はちょうど五音なので、この基本型が使いやすいです。

・ジョギングの掛け声響く草紅葉
・助手席にプレゼン資料草紅葉

 基本方を、はじめまして。よろしくお願い致します。
 御句ですが、”黄金色”は季語の説明になっており、不要です。また草紅葉には広がっているイメージもあるので、”一面”も省けると思います。

 俳句には型があり、最もポピュラーなのが「季語を含む五音」+「その他の十二音」を組み合わせる基本型です。
 草紅葉はちょうど五音なので、この基本型が使いやすいです。

・ジョギングの掛け声響く草紅葉
・助手席にプレゼン資料草紅葉

 基本型を使えば、もっとスムーズに俳句が作れるようになります。余計なお節介かもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

「黄金色見渡す限りの草紅葉」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 黄金色見渡す限りの草紅葉

 追記です。文章が重複してしまい、長文になってしまいました。大変失礼致しました。

点数: 1

「年寄りと地蔵の集い冬温し」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 年寄りと地蔵の集い冬温し

 こま爺様、「この島は〜」の拙句にコメントありがとうございます。
 私が不勉強なもので恐縮ですが、「この島」を「ネオン」に変えられたのは、添削ということでしょうか?

点数: 0

南風の記憶さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

お詫び

回答数 : 3

投稿日時:

ドーナツの形の地雷唐辛子

回答数 : 7

投稿日時:

この島は流刑地だった夕時雨

回答数 : 5

投稿日時:

重ね着す捲りたくなるやうな雲

回答数 : 3

投稿日時:

この音はライト定位置息白し

回答数 : 6

投稿日時:

南風の記憶さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

間引菜の羽音重なる目覚めかな

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

青空へ九条葱抜く香り抜く

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

村外れ無縁仏に雨無音

作者名 渡 弘道 回答数 : 7

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ