俳句添削道場(投句と批評)

南風の記憶さんの添削得点の高い順の49ページ目

「補習授業の帰路サイダーは百円」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 補習授業の帰路サイダーは百円

チョコレートの箱様、はじめまして。

初めて詠んだ句とのことですが、情景もよく伝わってきますし、季語「サイダー」も生きています。面倒な補習が終わった後の解放感が、サイダーの爽やかなイメージに重なってきます。また最後の百円というのもいいですね。

学生の頃の気分を思い出しました。良い句だと思います。

点数: 0

木の芽吹く天変地異の去った空

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 超天変地異みたいな木の芽かな

鳥田政宗様、はじめまして。新しい表現にチャレンジしようとする意思はよく伝わってきます。
しかし俳句というのは、読み手に「そうかも」「なるほど」と思わせてこそ、成立する文学です。御句の場合、木の芽の「何が」天変地異みたいだと思われたのか、そこを描写する必要があるように感じます。

提案句は、木の芽と天変地異が対比関係になるように作ってみました。
あくまでも私の案ですので、島田様が表現したいことを、もう少し整理なさることをオススメします。

点数: 0

「ウイルスを撃退北窓を開く」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: ウイルスを撃退北窓を開く

かぬまっこ様、コメントありがとうございます。なかなか返信できず、申し訳ありません。

人選句、読ませていただきました。「チェコ大使」との取り合わせに意外性があり、はっとさせられました。

点数: 0

咲く薔薇のとりどり庭の手入れ果つ

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 待ちこがれ四季咲薔薇の紅白桃

colo様、こんばんは。

御句ですが、句意コメントを読まないと、ちょっと意味が伝わりづらいです。ただ表現したいことは春らしく素敵ですので、何とか形にしてみます。

まず上五の「待ちこがれ」というのを具体的に。庭の手入れの話、素敵じゃありませんか! これをぜひ入れましょう。

それと「紅白桃」と直接的に書くのではなく、「とりどり」と書いて、読み手に想像させた方が味わい深くなります。

例)咲く薔薇のとりどり庭の手入れ果つ

「果つ」とは”終わった”という意味です。春が来るのを待ちこがれながら、庭の手入れがようやく終わった。そしてとりどりの薔薇が咲いた。ああ、やっと春がきたんだ……と、こういう意味になります。

点数: 0

白色の梅多色なる鴉の視野

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 白梅や留まる鴉の瞬き

そうり様、よろしくお願い致します。

御句でも悪くはないのですが、句意コメントにある「鴉は虹が14色に見える」という話が面白いので、句に表現できないか考えてみました。

例)白色の梅多色なる鴉の視野

「白色」「多色」と対比することで、人間には白く見える梅が、鴉にはどんなふうに見えるのだろうと想像させるようにしました。いかがでしょうか。

点数: 0

南風の記憶さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

お詫び

回答数 : 3

投稿日時:

ドーナツの形の地雷唐辛子

回答数 : 7

投稿日時:

この島は流刑地だった夕時雨

回答数 : 5

投稿日時:

重ね着す捲りたくなるやうな雲

回答数 : 3

投稿日時:

この音はライト定位置息白し

回答数 : 6

投稿日時:

南風の記憶さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

つかの間の夢を今年も曼珠沙華

作者名 しお胡椒 回答数 : 1

投稿日時:

歩道橋登りて都庁に月煌々

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

静けさの重機夜景の月夜かな

作者名 黒徹 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ