俳句添削道場(投句と批評)

南風の記憶さんの添削投稿の古い順の49ページ目

一口のブランデー濃き師走かな

回答者 南風の記憶

添削した俳句: ブランデーついと嗜む師走かな

 あらちゃん様、コメントありがとうございます。

 御句について、貴殿がブランデーや師走にどんな思いを託したいのか分からない状態で提案するのは、添削ではなく”改作”に当たり、作者に失礼だと判断したので、あえて例は示しませんでした。

 前も書いた通り、ブランデーと師走の取り合わせは良いと思いますので、いくらでも工夫できそうです。例えば……

・一口のブランデー濃き師走かな
・ブランデー甘し二人の師走の夕
・ブランデー苦(にが)し独りの師走かな

 このように、いくらでも場面設定できる材料は揃っていますので、あらちゃん様の表現したい内容で推敲していただければと存じます。

点数: 0

カピカピの舌のやうなる枯葉あり

回答者 南風の記憶

添削した俳句: カピカピの舌のやうなる枯葉かな

 土屋郷里様、はじめまして。よろしくお願いします。

 御句ですが、比喩という難しい技にチャレンジされた意欲を感じます。
 その上で、最後に詠嘆の「かな」を使うと、せっかくの比喩が弱まる印象があるので、ここは”あり”を使って協調された方が良いのではないかと存じます。
 少しでも参考になれば幸いです。

点数: 0

家系図に知らない名前牡丹雪

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 家系図に存ぜぬ人よ牡丹雪

 あらちゃん様、よろしくお願いします。

 儚いイメージの牡丹雪と、亡き人の名前の書かれた家系図の取り合わせがばっちりハマっていると存じます。
 気になるのは一点だけです。詠嘆「よ」は呼びかける意味があり、御句の内容にあまり合ってないように感じるので、省いた方が良いように思います。

・家系図に知らない名前牡丹雪

 この方がすっきりすると思うのですが、いかがでしょうか。

点数: 1

「人生は悲しみが先霜夜かな」の批評

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 人生は悲しみが先霜夜かな

 あやめ様、よろしくお願いします。

 御句ですが、観念を詠み込むという難しい技にチャレンジしようとする意欲を感じられます。ただ、「悲しみは人生が先」という観念に共感できない人もいるだろうということと、観念の印象が強くて、季語「霜夜」が取ってつけたような感じがあるので、両者のイメージをつなげるようにした方が良いのではないかと存じます。
 例えば……

 悲しみの貼りついてくる霜の夜

 霜の貼りついている様子とつなげてみました。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

寒き夜やテレビの猫を観やる猫

回答者 南風の記憶

添削した俳句: 寒き夜のテレビの猫を観る猫よ

 あらちゃん様、よろしくお願いします。

 御句ですが、「寒き夜」と「テレビを観る猫」との取り合わせがしっかりハマっていると存じます。冬の季語と猫の組み合わせ自体は、ありがちと言えばありがちですが、「テレビを観る猫」とすることでオリジナリティが感じられます。やはり実体験は強いですね!

 惜しいのが一点。他の方も書かれていますが、上五「寒き夜」は”や”で切り、季語を際立たせるのが定石です。それに伴い、最後の詠嘆の”よ”は省いた方が良さそうです。

 寒き夜やテレビの猫を観やる猫

 少しでも参考になりましたら幸いです。

点数: 1

南風の記憶さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

お詫び

回答数 : 3

投稿日時:

ドーナツの形の地雷唐辛子

回答数 : 7

投稿日時:

この島は流刑地だった夕時雨

回答数 : 5

投稿日時:

重ね着す捲りたくなるやうな雲

回答数 : 3

投稿日時:

この音はライト定位置息白し

回答数 : 6

投稿日時:

南風の記憶さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ポケットの握り拳や冬の星

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

鮎焼くや百年を経る囲炉裏端

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

角帽を投げ上げ祝ひ卒業す

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ