俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削最新の投稿順の91ページ目

「晩春や父の書棚の星の砂」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 晩春や父の書棚の星の砂

げばげば様こんにちわ。
めいしゅうといいます。
満開の桜の下の父の影 の添削有難うございました。
初心者ですが今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

白菜や明治が近くなる館

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

丘若命の揺れる蔓先夕立雨

作者名 しお胡椒 回答数 : 1

投稿日時:

春炬燵鼻に仔猫のお尻かな

作者名 春野ぷりん 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ