俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削最新の投稿順の8ページ目

「白日傘くるりくるりと君の来る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 白日傘くるりくるりと君の来る

佐渡さんへ
再訪です。
拙句日傘句にも提案句有難うございます。
拙句のは、傾げる=かたげる、提案句は傾げるのままだと、字足らずとなりますので
傾ける=かたむける と読ませていただきました。
手をとりて の方がより光景が具体的でいいですね。有難うございます。
この句のことではなにのですが
俳句は感情とかをあまりストレートに表現しない方がよいと言われますが
私はストレートに言い切った方が好きな場合もあります。好みもあるとは思うのですが・・・
またよろしくお願いします。

点数: 1

「白日傘くるりくるりと君の来る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 白日傘くるりくるりと君の来る

佐渡さんへ
おはようございます。
御句、明治のハイカラさんを想像して、楽しかったです。
白い長ドレスに踵の高い靴、そんなハイカラさん。
小生も古いですなあ。
歳は取りたくないですね。

点数: 1

「登山道ゆつくりな雲はやい雲」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 登山道ゆつくりな雲はやい雲

春野さんへ
こんばんは。再訪です。
御句、イサクさんと言う人が太鼓判を押して良い句だと仰っているのに
私ごときが、へたな添削をしてしまい大変申し訳ありませんでした。
お詫びして取り下げさせて頂きます。
よろしくお願いします。

点数: 0

「沢蟹やそこから先はかんかん照り」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 沢蟹やそこから先はかんかん照り

水谷さんへ
こんばんは。いつも有難うございます。
沢蟹を心配されているお気持ちが読み取れました。
ザリガニなんかもよく道路で干からびてますよね。
ただ、<そこから>が何処から?ってなりました。
句意コメントに手水鉢とありましたので、具体的な場所をいれたいと思いました。
また、語順を入れ替えさせていただき
水桶の外に這い出す沢の蟹
と詠ませていただきましたが、かんかん照りも無くなってしまいましたし
沢の蟹で季語になるのかが心配です。
どうですかね。よろしくお願いします。

点数: 0

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

春荒れる映像の日々生きる意味

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 3

投稿日時:

テセウスの船か我が身は寝正月

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

コッヘルの底の泉の狂ほしき

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 13

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ