俳句添削道場(投句と批評)

文室七星さんの添削投稿の古い順の6ページ目

「公園の天幕しずく花筵」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: 公園の天幕しずく花筵

佐渡様
「車窓の桜」の句への提案句ありがとうございます。
「車窓の桜」をフィルムのひとコマのように感じましたので、「消えにけり」といたしました。
ご指摘の通り、唐突感や違和感を残したままの見切り発車的に投句となりました。
ご提案の句も基に再考いたします。
ありがとうございます。

点数: 1

「公園の天幕しずく花筵」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: 公園の天幕しずく花筵

佐渡様
「耳鳴り」の句への提案句ありがとうございます。
季語「春陰」では、句が重くなってしまいました。
「春時雨」を下五に据える方が春の趣きが出ますし、重くならないです。
中七の最後に「十年」と具体的な数字を説明的ならずに添えてあるのがまた良いです。
勉強になります。

甲高き耳鳴り連れて花曇
春陰よりも花曇の方が「花」の字がある分、どんよりとした曇りでも、句が軽くなるのかも知れないと思っています。

ありがとうございます。

点数: 1

「パスワード123の麗らかな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: パスワード123の麗らかな

こま爺様
「パームボール」の句へのコメントありがとうございます。
あまり個人的の趣味に走るのは良くないなと実感いたしました。
趣味を詠むにしても、共感を得られる方向に持っていく必要がありますね。
想像しやすいなどの。
ありがとうございます。

点数: 1

「テレビ越しギックリ腰の花見かな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: テレビ越しギックリ腰の花見かな

かこ様
「春雷~菓子袋」の句の添削ありがとうございます。
後になってから「春雷」は「虫起こし」なので、「起きる」よりも「起こす」の方が、と。
そこに提案句がピタリとはまりました。
「春雷」の音、お菓子を食べる音、菓子袋のガサガサ音が出てきました。
ありがとうございます。

点数: 1

「パスワード123の麗らかな」の批評

回答者 文室七星

添削した俳句: パスワード123の麗らかな

こま爺様
上五を他動詞にして「空を揺る」とのご意見ありがとうございます。
再考する箇所が多い句であると改めて感じました。
ご提案された句案も踏まえ、見直して色々と考えてみます。
ご意見ありがとうございます。

点数: 0

文室七星さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛菊の神域守る白さかな

回答数 : 1

投稿日時:

散るほどに川の近くなる桜かな

回答数 : 4

投稿日時:

春深し社の鈴緒さりさりと

回答数 : 1

投稿日時:

満開の桜通りや選挙カー

回答数 : 1

投稿日時:

野菜切り刻むにほひの菜種梅雨

回答数 : 2

投稿日時:

文室七星さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

青空の青を盗みて光る月

作者名 いくたドロップ 回答数 : 6

投稿日時:

ふうふうとふいてさざなみ七草粥

作者名 村山陽子 回答数 : 3

投稿日時:

風そよぐ白き光の洗濯物

作者名 ミト吉 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ