俳句添削道場(投句と批評)

伊勢史朗さんの添削得点の低い順の3ページ目

「寒晴れや春菜子守りて今日も鍋」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 寒晴れや春菜子守りて今日も鍋

どうもこんばんわ。拙句にコメントありがとうございます。・年行くや 郷に入りては 郷言葉 は分かち書きが気になりました。後は季語に再考の余地があると思います。例えば「掘炬燵」とか。また、掲載句ですが色々情報が詰め込まれていて作者が伝えたい事が読み取れない印象です。こちらもどうか再考を。今宵も御健吟に。

点数: 0

「新しき景ありこれぞ朧月」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 新しき景ありこれぞ朧月

どうもおはようございます。「新しい景あり」「これぞ」は読者の脳内に映像が広がらず音響も響きません。俳句は「物を見て物を書け」と言われます。季語の「朧月」がぽつんと寂しそうにしている読後感でした。
それでは今日も一日御健吟に。

点数: 0

「気は二十歳恩師の耳の遠くなり」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 気は二十歳恩師の耳の遠くなり

おはようございます。「気は二十歳」とは作者なのか先生なのか判別ふのうでした。
それでは今日も一日御健吟に。

指摘事項: 無季俳句

点数: 0

「巻き寿司の如く縮むや布団にて」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 巻き寿司の如く縮むや布団にて

どうもこんばんわ。中七の「や」で映像がきれているんですよね。そうすると「布団にて」が独立しています。結局何を言いたいのかわかりません。もしかしたら・巻き寿司の如く布団の縮みけり ・巻き寿司の如く巻かるる布団かな
が意図した所なのかもしれませんがあくまで推測でしかありません。
それでは今宵もどうか御健吟に。

点数: 0

「囀りや川面の二羽に出会いたり」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 囀りや川面の二羽に出会いたり

おはようございます。俳句は存問の文学といわれています。御句から何を問われていて何を答えて良いのかさっぱりわからない内容でした。
今日も一日御健吟に。

点数: 0

伊勢史朗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

啓蟄や深呼吸してプロポーズ

回答数 : 7

投稿日時:

羽ばたきて風に乗る蝶は遠くへ行く

回答数 : 0

投稿日時:

皆様御迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした

回答数 : 11

投稿日時:

それって盗作ですよ

回答数 : 4

投稿日時:

薪能果てて余映の長きかな

回答数 : 7

投稿日時:

伊勢史朗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

人のサガ鳥のさえずり悪意込め

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

放課後のプール練習へこむ子ら

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 3

投稿日時:

寒蜆橋のたもとに店構へ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ